メインコンテンツまでスキップ

· 約16分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、発達障害や関連する学術研究の最新動向を紹介しています。自閉症スペクトラム障害(ASD)の人種別有病率や、農村部と都市部の障害有病率の違い、EEGを利用した自閉症成人向けの感情認識改善プログラムの効果、ADHD児童の脳活動の違い、ダウン症の分子と免疫のサブタイプ、ビデオモデリングによる自閉症児の遊びの介入効果、親子相互作用の影響、支配行動システムとメンタライゼーションの関係、音の立ち上がり時間に対する感受性と識字能力の関連、親から報告された自閉症とADHD特性の分布などを紹介します。

· 約14分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、レゴランド・ジャパンが自閉症スペクトラム症(ASD)対応施設として日本初の「認定自閉症センター」に認定されたこと、GoogleとTikTokがADHDテレヘルス企業Done Globalの広告を禁止したこと、英語が不自由な母親と自閉症児の診断とサービス受給における経験、香港とイギリスの幼児におけるADHD症状と待機反応の比較、ADHD診断のための多遺伝子スコア(PGS)の有用性、VRリラクゼーション体験が自閉症児の親のストレス軽減に効果があるかどうか、タクトを強化することで自閉症児の記憶が向上するかを調査した研究、そして父親の知能がADHDを持つ子供と持たない子供の学業成績に与える影響についての研究を紹介しています。

· 約30分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、以下の研究を紹介します。自閉症の子供に対する手の口への持ち込み治療、自閉症の重症度分類の新しいアプローチ、ブラジルにおける行動分析の普及における女性の役割、ADHDを持つ人々の全死亡率および自殺死亡率の増加、自閉症とPTSDの関連、自閉症女性のバーンアウト評価ツール、KATNAL2遺伝子の病原性変異による脳室拡大と神経接続の障害、性差が線条体の調節性介在ニューロンに与える影響、ドラベ症候群の治療における迷走神経刺激の有効性、自閉症成人における詐欺の心理的メカニズム、自閉症と重度学習障害を持つ学習者と支援スタッフの非言語的同期、スペシャルオリンピックスによる糖尿病リスクの低減、ASDを持つ子供と通常発達している子供のバランスと運動技能の違い、モザイク型ダウン症と慢性疾患の共存についての研究です。

· 約41分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、福祉、教育、学術研究に関する最新のアップデートを紹介しています。福祉関連では、障害者グループホーム運営大手「恵」が組織的な不正請求を行ったため、事業者指定が取り消されることや、その影響について述べています。教育関連では、アメリカで特別支援教育を受ける子供の数が過去最高に達し、学校が予算と教師不足に苦しんでいる現状と、Covid救済資金がどのように教育現場に影響を与えたかを解説しています。学術研究関連では、自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)に関する早期予測や治療に関する最新の研究結果を紹介しています。具体的には、視線解析を用いたASD予測、ADHDとASDの早期環境予測因子、特定の学習障害を持つ子供の初期発達課題に関する研究、ADHDに対する心理社会的治療に対する医療従事者の態度、バルプロ酸誘発性ASDにおけるNEAT1の役割、医療支援による生殖技術がASDリスクに与える影響、NDDを持つ子供の親のメンタルヘルスを向上させるアプリの効果、ASDの早期診断のための新しい予測方法、神経発達障害と家族の生活の質の関係、ASDの成人における基本的および道徳的感情の認識、複数話者環境における自閉症の成人の聴覚処理、特別支援が必要な患者への歯科治療に関する研究について紹介します。

· 約33分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、以下の研究を紹介します。成人の自閉症評価に関する臨床的な推奨事項を提供し、子供の頃に診断されなかった成人の自閉症を評価するためのポイントを示しています。ダウン症と自己免疫疾患の関係を探り、ダウン症の人々に共通する自己免疫疾患を強調しています。ラテン系コミュニティにおける自閉症スペクトラム障害(ASD)の若年成人、親、地域提供者の経験を理解し、包括的な地域ベースの支援へのアクセスを改善する方法を示しています。台湾のADHD児の介護者がどのようにして情報を得ているかを調査し、その情報源が育児ストレスと不安に与える影響を分析しています。妊娠中の母親による葉酸摂取と新生児の血中葉酸濃度、および自閉症スペクトラム障害(ASD)や発達遅滞との関連を調査し、葉酸の影響を遺伝子型別に評価しています。発達性言語障害(DLD)を持つバイリンガルの子供たちが物語の中で使用する内部状態用語(ISTs)の役割を調査し、DLDが物語の微細構造と宏構造にどのように関連しているかを示しています。ADHDを持つ若者のためのデジタルメンタルヘルス介入の開発において、若者たちのニーズや障壁についての視点を探る研究を紹介し、パーソンベースのアプローチの適用可能性を調査しています。糖尿病(DM)と自閉症スペクトラム障害(ASD)間の因果関係を双方向メンデルランダム化(MR)を用いて分析し、T2DMとASDが相互のリスク要因であることを示しています。成人のADHD患者と健康な対照群における中枢刺激薬(CS)の効果を次元的な視点から調査し、CSの効果が次元的なグループに分類した方が明確に示されることを示しています。軽度から中等度の知的障害を持つ成人向けの料理栄養介入プログラムを開発し、共創プロセスを通じて実現可能性と受容性を評価しています。知的障害を持つ人々の医療提供と健康格差に関する研究と行動の必要性を強調し、具体的な研究結果を紹介しています。遠隔で実施される「合同行動相談(CBC)」が幼児の行動を改善する効果と受け入れられやすさを評価し、親と教師の両方が高く評価していることを示しています。ASD児の母親の母乳中のmiR-146aとmiR-106aの発現パターンを調査し、母乳中のmiR-146aの低下がASDに関連していることを示唆しています。個々の灰白質脳ネットワークに基づいてASDのサブタイプを特定し、異なるサブタイプ間の脳ネットワーク特性と行動の違いを強調しています。

· 約30分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では発達障害関連の最新の学術研究関連アップデートを紹介します。小児プライマリケアでのADHD治療の格差を減らすための研究プロトコルでは、行動介入「PASS」と通常のADHDケアを比較します。バングラデシュのASD児童の介護者が初期症状の認識から診断までの過程を調査し、社会文化的要因が影響することを明らかにしました。ダウン症退行性障害の研究では、免疫調節遺伝子の病原性変異が関連している可能性を示唆しています。ADHD児童の自己調節障害と内在的機能的結合性の関連を調査し、DMN結合性が寄与していることが示唆されました。IDDと肥満の関係を調査した研究では、抗うつ薬の服用が肥満の確率を増加させることが分かりました。ADHD児童とその家族、専門家と共同で介入策を制作する過程をまとめた研究は、共同制作の重要性を強調しています。神経発達障害児の介護者が精神保健サービスを利用する際の障壁と促進要因を調査し、時間不足が主な障壁であることを示しました。ADHD児童の視覚的オブジェクト認識記憶のメタ分析では、ADHD参加者が劣っていることが明らかになりました。ギリシャ語を話す小学生の綴りの発達を比較した研究は、読み書き困難が持続することを強調しています。ASD児童をサポートするための教育介入ツールの文化間適応と検証を行い、その信頼性を示しました。クロスエイジチュータリングの効果を最大化するための推奨事項を示した研究では、個別指導、構造化された指導、トレーニングとフィードバック、強化子の提供、進捗のモニタリングを推奨しています。

· 約34分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事は、発達障害に関連する最新の研究や取り組みを紹介しています。具体的には、ADHDを持つ子供のEEG異常と発作リスクの研究、認定行動分析士による自閉症治療の推奨、プロバイオティクスが自閉症スペクトラム障害の子供に与える影響、建設的親コーチングの効果、ADHDを持つ個人のリスキーな意思決定の認知的相関、BRPF1遺伝子欠失による知的発達障害と顔面異形の調査、応用行動分析における思いやりのあるケア、メンタルヘルスケアの最も価値のある論文を表彰するサイケ賞、自閉症スペクトラム障害を持つ個人の性的健康ケアに対する認識、ADHD治療薬の特徴と違い、小児ADHDの診断と薬物利用の傾向、全国児童健康調査に基づくADHDの有病率と健康格差、自閉症特性を持つ個人の痛覚と非痛覚の感受性、子供時代のADHDと成人期の認知機能、異常胎位と自閉症スペクトラム障害の関連、夜型の概日リズムが学業成績や実行機能に与える影響、精神障害の個別化医療を進展させるためのネットワークベースの人工知能アプローチなど、多岐にわたるトピックを紹介します。

· 約17分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、発達障害支援の「見える化」について長野県と市町村の職員が意見交換した会議の内容、成人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)に対する心理教育グループ介入の実施可能性と受け入れ可能性のスコープレビュー、親の感情表現が子どものADHDおよび反抗挑戦性障害(ODD)に与える影響を調査した研究、トルコのADHDを持つ子どもの親の生活体験に関する現象学的研究、農村と都市が交錯するコミュニティでの社会的に関与したアート(SEA)を用いたCSCWのケーススタディ、発達性言語障害を持つバイリンガル児童に対する「Story Champs」の有効性調査、注意欠陥・多動性障害(ADHD)および自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子どもの認知脱離症候群(CDS)に関する研究、行動に対する即時の効果が行動制御に与える影響に関する研究、フラジャイルXプレミューテーション(PM)を持つ女性の注意力問題の評価、ADHD治療におけるアドレナリン神経伝達物質再取り込み阻害剤の役割について紹介します

· 約40分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、さまざまな学術研究に関する最新のアップデートを紹介しています。ドイツの児童福祉プログラムにおける「学校でのトラウマに対する認知行動療法(CBITS)」の評価、大学キャンパスにおける知的および発達障害を持つ若者の会話スキルを向上させるためのピアメディエーション、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子供たちの相互模倣遊びの改善、知的障害を持つ成人における睡眠障害の現状、ASDの動物モデルにおけるオリゴデンドロサイトとミクログリアの病理学的役割、農薬クロルピリホスによるASDの神経炎症メカニズム、産後うつ病と不安が子供の発達に与える影響、育児行動と幼児期の攻撃性の短期的な相互関係、レト症候群を持つ子供の日常生活におけるコミュニケーション能力、治療用ロボットとシリアスゲームを使用したASDの子供たちに対する心理運動介入、テレヘルスを活用したASDの子供の睡眠障害の改善、ADHD患者の健康リスクに関する視点、自閉症の兄弟姉妹の発達と家族の精神疾患の歴史、発達性言語障害の子供に対する形態統語的介入、インドの医療分野におけるAIとロボティクスの実現可能性、ガーナにおける自閉症の子供を持つ介護者の未解決のニーズ、バングラデシュの障害者に対するマイクロファイナンスのアクセス障壁についての研究結果が紹介されています。