メインコンテンツまでスキップ

· 約27分
Tomohiro Hiratsuka

この記事では、自閉症児の教育におけるゲーム的戦略の調査、自閉症症状と知能モデルの関連、自閉症の遠隔診断のスクリーニングツールの評価、米国学校における障害のある生徒の包括教育のモデル提案、ヒューマン–ロボットインタラクションにおけるエンゲージメントの自動評価、成長マインドセット介入の有効性、短期行動睡眠介入の費用対効果、障害を持つ学生への包括的な数学教育、科学学習における学習の好みと個人特性の関係、知的発達障害を持つ患者の神経弁症候群事例、自閉症の原因と公衆衛生上の課題、ADHDの実行機能評価、ADHDモデルラットにおけるアルコール離脱とアンフェタミンの併用、ADHD児の睡眠問題とメラトニンおよび行動との関連、インドにおける成人ADHDの有病率と社会人口統計学的関連、そして1990年から2019年までのヨウ素欠乏症による発達および知的障害の負担と予測について紹介しています。

· 約27分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、発達障害に関する最新の研究成果を紹介しています。性同一性障害の測定方法、自閉症児の母親の抑うつ症状と対処法、CELF2遺伝子の欠損が与える影響、情動学習支援ロボットの設計、自閉症児の言語発達、孤独感の比較、対人距離感覚、ECHO Autismプログラムの診断能力向上効果、自閉症者同士の交流の影響、医療提供者の心理的苦痛と対処法、血管異常が自閉症症状に与える影響、ADHD治療薬アトモキセチンの毒性リスク、自閉症の抗炎症治療、ADHDの注意欠如が数学介入効果に与える影響についての研究を取り上げています。

· 約21分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事は、自閉症の若者の救急部門(ED)でのケアの改善、エクアドルの低所得スペイン語人口での自閉症検出、コンピュータ支援教育を用いた自閉症および知的障害者への読み書き教育、感覚処理の障害が自閉症児の学習に与える影響、ADHDの子供に対する多栄養素療法の効果、自閉症児の逆境的な子供時代の経験が学校の成功に与える影響、ADHD治療薬の副作用パターンが意思決定に与える影響、中国のディスレクシア児の統計的学習と作業記憶の関係、ADHD成人のフィジェティングが認知課題のパフォーマンスに与える影響、そしてチリでのオンライン自閉症スクリーニングの信頼性と予測妥当性についての研究を紹介しています。

· 約32分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、最新の学術研究に基づき、登校拒否行動の臨床的重要性や心理的健康への影響、自閉症やADHDの診断を受けた子供たちの対応に関する行動スキルトレーニングの効果、短期テレヘルス版行動親トレーニングの実現可能性と受容性、神経発達障害を持つ子供のインフォーマル教育環境での参加支援方法、自閉症スペクトラム障害の成人に対する介入の効果、発達障害児の睡眠障害と発達の関連性、自閉症の全脳の動態的機能異常、自閉症児とADHD併発児の睡眠問題と概日リズム、自閉症の成人向けアプリ「Stress Autism Mate」の効果、医療分野でのVRトレーニングの有効性に関する研究を紹介しています。

· 約22分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事は、発達障害および福祉に関する学術研究の最新動向を紹介しており、特に自閉症スペクトラム障害(ASD)やADHDに関する研究に焦点を当てています。自閉症関連遺伝子変異を持つ若者の介入利用予測、複数言語使用が自閉症児の社会的スキルと親子間コミュニケーションに与える影響、女子におけるADHD症状と青年期のビッグファイブ人格特性の関係、ダウン症成人における脳血管疾患とアルツハイマー病の関連、アルメニアの子供におけるASD発症リスク要因、中国本土におけるASD有病率のメタアナリシス、ポーランドのADHD女性の社会的カモフラージュと生活満足度、先天性サイトメガロウイルス感染症とASD診断の関連性、イギリスの自閉症成人の医療アクセスと自閉症ヘルスパスポートの利用、乳幼児の健康診断記録からの自閉症特性の機械学習による予測、学習障害を持つ学習者のインテリジェントチュータリングシステムの効果、心拍変動バイオフィードバックによる自閉症スペクトラム障害の不安軽減、グリホサートと自閉症の関連性仮説、社会的ベンチャーの成長戦略とガバナンスの方法について紹介します。

· 約33分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、社会関連アップデートにて昨年10月福岡で発生した事件について、学術関連アップデートにて、応用行動分析(ABA)業界のプライベートエクイティ所有の影響、脳損傷患者の看護師向けABC法の実施評価、自閉症と知的障害学生へのニューロフィードバックトレーニングの効果、自閉症や知的障害者のパーキンソン病リスク増加、発達性協調運動障害の子供への聴覚リズムの効果、カタールの音声言語療法のデジタル化による改善、中枢神経系刺激薬が成人ADHD患者の物質使用障害リスクを低減、中国のてんかんを伴う子供のADHD併発率と治療、境界知能機能の子供の音韻認識スキル、知的発達障害を持つ若者の意思決定支援、自閉症診断格差の現状、特別支援学校における機能評価と治療プロセスの長期効果、てんかんを持たない自閉症児の脳波異常と生活の質、ADHD患者の身体的健康問題、デジタル介入によるADHD子供の注意力改善、黒人アメリカ人の人種関連ストレスとADHD症状、親の育て方が子供の読解力に与える影響、自閉症スペクトラム障害の診断支援に関する新手法についての研究を紹介します。

· 約25分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では最新の学術研究関連のアップデートを紹介します。自閉症マーモセットモデルを用いた研究では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の神経回路の変化を調査し、オキシトシンがシナプスの形成を抑制する可能性を示しています。ASDと強迫性障害(OCD)を持つ子供と青年に関する研究は、強迫行動の精神薬理学的管理が必ずしも効果的でないことを示しています。外来患者のビデオを用いたADHD診断のための研究では、骨格検出と機械学習による分類分析を使用して診断の精度を向上させる方法を検討しています。自閉症モデルマウスを用いた研究では、バルプロ酸ナトリウムを投与されたメスマウスの子供の脳内モノアミン系神経伝達の変化を調査しています。自閉症児におけるラベリング効果を検証した研究では、自閉症児が通常発達児と同じ程度にラベル付けに敏感ではないことを示しています。自閉症特性が社会的注意に与える影響を調査した研究では、自閉症特性が高いグループと低いグループの間で社会的注意に有意な差は見られませんでした。発達性ディスレクシア(DD)の子供たちの暗黙的な順序学習能力と脳の可塑性を調査した研究では、DDの子供たちが異なる学習メカニズムを使用していることが示唆されています。高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)の成人における将来の行動を覚える能力に関する研究では、実行エンコーディングがPMパフォーマンスを向上させることを示しています。非症候性頭蓋縫合早期癒合症(craniosynostosis)がADHDに与える影響を調査した研究では、ADHDの評価を行うためには追加研究が必要であることを示しています。知的・発達障害(IDD)を持つ子供たちのスクリーニングおよびモニタリングの格差に関する研究では、文化的に配慮されたプロバイダーがその格差を緩和できることを示唆しています。スーダンにおけるADHD評価尺度の妥当性を検証した研究では、この尺度が信頼性が高く、有効であることを示しています。障害を持つ人々のための適応型アパレルに関する研究では、ユーザー中心のデザインが強調され、今後の研究の必要性が示されています。自閉症またはADHDのリスクが高い幼児を支援する親子プログラムの実現可能性を調査した研究では、プログラムが高品質で受け入れられることを示しています。

· 約6分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事は、COVID-19パンデミック前後の新たな神経発達問題を抱える0~6歳の子供の医療利用率に関する研究、ASD(自閉症スペクトラム障害)の社会症状の重症度と脳皮質オルガノイドのサイズに関する研究、自閉症の遺伝子検査に対する自閉症成人の態度に関する研究の3つの学術研究を紹介しています。COVID-19パンデミック前後の医療利用率に有意な差は見られず、初期の利用率低下が迅速なバーチャル医療提供で回復したことが示されました。ASD研究では、脳皮質オルガノイドのサイズが大きいほど社会症状が重いことが明らかになり、ASDの2つのサブタイプが胚発生段階で存在することが示唆されました。遺伝子検査の態度調査では、遺伝子検査を受けた経験のある自閉症成人は肯定的な態度を示し、遺伝カウンセラーの役割が重要であることが示されました。