メインコンテンツまでスキップ

· 約33分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、社会関連アップデートにて昨年10月福岡で発生した事件について、学術関連アップデートにて、応用行動分析(ABA)業界のプライベートエクイティ所有の影響、脳損傷患者の看護師向けABC法の実施評価、自閉症と知的障害学生へのニューロフィードバックトレーニングの効果、自閉症や知的障害者のパーキンソン病リスク増加、発達性協調運動障害の子供への聴覚リズムの効果、カタールの音声言語療法のデジタル化による改善、中枢神経系刺激薬が成人ADHD患者の物質使用障害リスクを低減、中国のてんかんを伴う子供のADHD併発率と治療、境界知能機能の子供の音韻認識スキル、知的発達障害を持つ若者の意思決定支援、自閉症診断格差の現状、特別支援学校における機能評価と治療プロセスの長期効果、てんかんを持たない自閉症児の脳波異常と生活の質、ADHD患者の身体的健康問題、デジタル介入によるADHD子供の注意力改善、黒人アメリカ人の人種関連ストレスとADHD症状、親の育て方が子供の読解力に与える影響、自閉症スペクトラム障害の診断支援に関する新手法についての研究を紹介します。

· 約25分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では最新の学術研究関連のアップデートを紹介します。自閉症マーモセットモデルを用いた研究では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の神経回路の変化を調査し、オキシトシンがシナプスの形成を抑制する可能性を示しています。ASDと強迫性障害(OCD)を持つ子供と青年に関する研究は、強迫行動の精神薬理学的管理が必ずしも効果的でないことを示しています。外来患者のビデオを用いたADHD診断のための研究では、骨格検出と機械学習による分類分析を使用して診断の精度を向上させる方法を検討しています。自閉症モデルマウスを用いた研究では、バルプロ酸ナトリウムを投与されたメスマウスの子供の脳内モノアミン系神経伝達の変化を調査しています。自閉症児におけるラベリング効果を検証した研究では、自閉症児が通常発達児と同じ程度にラベル付けに敏感ではないことを示しています。自閉症特性が社会的注意に与える影響を調査した研究では、自閉症特性が高いグループと低いグループの間で社会的注意に有意な差は見られませんでした。発達性ディスレクシア(DD)の子供たちの暗黙的な順序学習能力と脳の可塑性を調査した研究では、DDの子供たちが異なる学習メカニズムを使用していることが示唆されています。高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)の成人における将来の行動を覚える能力に関する研究では、実行エンコーディングがPMパフォーマンスを向上させることを示しています。非症候性頭蓋縫合早期癒合症(craniosynostosis)がADHDに与える影響を調査した研究では、ADHDの評価を行うためには追加研究が必要であることを示しています。知的・発達障害(IDD)を持つ子供たちのスクリーニングおよびモニタリングの格差に関する研究では、文化的に配慮されたプロバイダーがその格差を緩和できることを示唆しています。スーダンにおけるADHD評価尺度の妥当性を検証した研究では、この尺度が信頼性が高く、有効であることを示しています。障害を持つ人々のための適応型アパレルに関する研究では、ユーザー中心のデザインが強調され、今後の研究の必要性が示されています。自閉症またはADHDのリスクが高い幼児を支援する親子プログラムの実現可能性を調査した研究では、プログラムが高品質で受け入れられることを示しています。

· 約6分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事は、COVID-19パンデミック前後の新たな神経発達問題を抱える0~6歳の子供の医療利用率に関する研究、ASD(自閉症スペクトラム障害)の社会症状の重症度と脳皮質オルガノイドのサイズに関する研究、自閉症の遺伝子検査に対する自閉症成人の態度に関する研究の3つの学術研究を紹介しています。COVID-19パンデミック前後の医療利用率に有意な差は見られず、初期の利用率低下が迅速なバーチャル医療提供で回復したことが示されました。ASD研究では、脳皮質オルガノイドのサイズが大きいほど社会症状が重いことが明らかになり、ASDの2つのサブタイプが胚発生段階で存在することが示唆されました。遺伝子検査の態度調査では、遺伝子検査を受けた経験のある自閉症成人は肯定的な態度を示し、遺伝カウンセラーの役割が重要であることが示されました。

· 約11分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、最新の発達障害関連の研究について紹介します。2012年のNAEYCとFRCの共同声明を受け、2013年から2022年にかけて米国での幼児に対する技術やメディアの使用に関する研究出版傾向を調査し、124本の論文を分析した研究、自閉症スペクトラム(AS)またはダウン症(DS)の個人がAACディスプレイに対する視覚的注視パターンとシンボルのモーター選択の速度との関係を調査し、視覚処理の効率がモーター選択に影響することを確認した研究、アルゼンチンにおける自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供と青年の機能評価を行い、ICFに基づくツール「ICF-ASD」の第2版を開発し、34カテゴリを含む標準化された評価ツールを提供した研究、英国で成人のADHD治療に推奨される認知行動療法(CBT)の経験と認識を調査し、CBTがADHDに対して適応される必要があることを示した研究を紹介します。

· 約30分
Tomohiro Hiratsuka

本日のアップデートでは、トゥレット症候群、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、発達性ディスレクシア(DD)などの神経発達障害や行動障害に関する最新の研究成果を紹介します。

トゥレット症候群のティック行動に対する義務感と能力に応じて他者からの非難や自由意志、道徳的評価がどのように変わるかを調査し、義務感と能力が高いほど非難が増加し、自由意志の評価も能力が高いほど増加するが、道徳的評価は主に操作の影響を受けず、義務感と能力が低い場合に高く評価されることがわかりました。

また、成人期に初めて自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された人々の約50%が精神薬を処方されており、最も多く処方されていたのは抗うつ薬(23.8%)、次いで刺激薬(16.7%)であることが判明しました。

応用行動分析(ABA)療法士のMLに対する認識は様々で、資格が高く経験が豊富な療法士ほどMLの精度に対する信頼が低い一方、MLに精通している療法士は使用に対して自信と安心感を持っていることが示されました。

さらに、文化的対応力の向上を目指すパイロット介入では、学生の文化的対応力が向上し、行動分析学の教育と訓練において重要な示唆を与えるものでした。

初学者の読解力に対する直接指導カリキュラムの効果を調査した結果、全ての参加者で読解力の向上が見られました。

認知遅滞のないASDの子供において、適応機能と認知機能の差が年齢や実行機能と関連していることが示され、未就学期における実行機能の強化が適応機能と社会的つながりの向上に寄与する可能性が示唆されました。

好み評価を頻繁に行うことでスキル習得速度が向上することが示され、ADHDとASDの遺伝的関係と学校の成績への影響を調査した結果、ADHDとASDの遺伝的負債が学校の成績や早期の精神病理の発現に与える影響には違いがありました。

ADHDの個別予測モデルの現状をレビューし、臨床的予測因子を含むモデルでパフォーマンスが向上することが示されました。

2〜5歳の子供における共同注意(RJA)に対する反応とASDおよび社会的コミュニケーション能力との関連を調査し、右側頭部の活性化が高いことが示されました。

アルツハイマー病、自閉症、統合失調症における脳細胞タイプの変化をメチローム解析と遺伝学を用いて調査し、特定の細胞タイプの変化が各疾患に寄与していることが示されました。

ディスレクシアの成人と通常の読者を対象に、音声認識における唇の動きを読むことによる適応能力を比較した結果、ディスレクシアの読者も通常の読者と同様に適応が可能であることが示されました。

発達性ディスレクシア(DD)児童が音声の振幅包絡を異常に処理する際の脳の低周波数帯の皮質振動を特定し、新たな介入のターゲットとなり得ることが示唆されました。

中心的結束性の傾向を評価した結果、ADHDグループ以外の全ての臨床群で弱い中心的結束性が示されました。

知的障害(ID)と不安を持つ子供たちに対する適応型認知行動療法プログラム「Fearless Me!」の評価では、全ての子供が治療後、3ヶ月後、または12ヶ月後に親が報告した子供の不安が有意に減少したことが示されました。

「個別物語エンディング(ISE)」という方法は、学生が読書に対してより深く関与するための効果的な活動として提案され、物語と深くつながり、学生の読書経験を理解するための手法として有効であることが示されました。

· 約20分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、アメリカの子供と青年における自閉症スペクトラム障害(ASD)の最新の有病率と増加傾向についての研究、テレヘルスを通じてASD児童の親を訓練する方法に関するレビュー、水中介入がASD児童の運動機能と社会的機能を向上させる効果の系統的レビュー、薬物未使用のASD児童における顔の表情認識と白質微細構造の変化の研究、中国の自閉症児の母親の不安と親子間の対立の関係についての研究、家庭を支援するモバイルアプリケーションの効果をテストした研究、機能的神経障害(FND)の治療介入に関する包括的レビュー、ASDの早期診断を目指したfMRIデータの解析、書字困難を抱える学生のテキスト生成を支援する音声からテキストへのアプリケーションの効果、ASD治療の臨床試験後の介護者のインタビュー結果、自閉症特性と擬人化傾向の関係を調査した研究、そしてADHD児童に対する有酸素運動療法の実行機能への効果を調査した系統的レビューとメタアナリシスを紹介します。

· 約20分
Tomohiro Hiratsuka

このブログ記事では、ADHDの感情的特徴、睡眠問題と親の影響、非刺激薬の進展、自閉症の笑いの知覚や特定の興味、言語発達の軌跡、ビタミンDの役割、神経経済学の視点からの意思決定、自閉症青年の逆境経験と健康、移行支援の障壁、親の生活の質に関する研究などを紹介します。

· 約24分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、ASD成人の親が仕事と介護を両立させる経験、ABAでの家族との協力関係構築の重要性、ADHDとASD診断における相対年齢効果、ASDの子供を持つトルコ人母親の疲労とQoLへの影響、親の子供行動の理由付けを測定する新尺度の開発、オランダのインクルーシブ教育政策の影響、ロボット支援療法のジェスチャー認識、学年内の評価時期が子供の身体的フィットネスに与える影響、COVID-19が自閉症の子供と家族およびサービス提供者に与えた影響、多言語の子供における発達性言語障害の特定、自閉症青年と成人における文産出と文反復、ADHDに関する進展、自閉症の精神的健康問題の理解を深める研究、黒質の構造異常に関する研究などを紹介します。

· 約4分
Tomohiro Hiratsuka

本ブログ記事では、中国の子供たちを対象に原因不明の神経発達遅滞(NDD)と神経発達併存症(NDCs)をトリオベースの全エクソームシーケンス(trio-WES)を用いて表現型と遺伝的解析を行った研究、台湾の全国データベースを用いた、妊娠中の抗うつ薬使用が子供の自閉症スペクトラム障害(ASD)および注意欠陥多動性障害(ADHD)のリスクと関連しているかを調査した研究を紹介します。